インプラント失った歯を取り戻そう|素敵な笑顔を守る歯科治療

メンズ

乳歯を治療する必要性

医療機器

福岡の歯科は小さな子どもの歯の治療も行なっています。虫歯や歯周病の治療を受けるのは、歯が永久歯に生え変わった後だけではありません。まだ乳歯が抜けていない子どもの歯を治療することで、健康的な口元を保つことが出来るのです。福岡の歯科で行なわれる治療には、虫歯を予防するための効果が期待出来ます。乳歯が虫歯になった場合、後から生えてくる永久歯の歯並びが悪くなったり、虫歯になりやすくなったりします。乳歯の状態で綺麗な状態を保っていれば、永久歯が生えそろった後の治療が必要なくなるので、しっかり治療を受けさせてあげるようにしましょう。

乳歯を虫歯から守るためには、フッ素コーティングやシーラントという治療が最適です。フッ素コーティングは、虫歯の原因となるプラークが歯に付着することを防ぐ効果があります。毎日の歯磨きはもちろん大切です。しかし、フッ素コーティングを行なうことで歯が汚れにくくなるので、虫歯予防の効果が絶大になるといえるでしょう。シーラントは歯の隙間を専用のプラスチックで埋めるという方法の治療で、食べかすやプラークが溜まることを防ぐ役割を担っています。

福岡の歯科は子どもの歯の矯正治療を行なっているので、顎の骨の成長を促進し、永久歯の歯並びを整えることが可能です。顎の骨が小さいままでは、歯が不揃いに生えてきてしまいます。乳歯の間に矯正を行なっていれば、費用を安く抑えられる他、治療期間も短くて済むのです。まずは歯の状態をチェックしてもらう必要があるので、福岡の歯科で適切な処置を受けることが大切です。